葬儀後の遺産相続でのトラブルになりやすい要因

葬儀後の遺産相続は、トラブルがつきものですが、できるだけ防ぎたいところです。特に、不動産や土地など分割しやすいものだと、長男が跡取りになるとか、他の兄弟姉妹が売却をして金額に充てたい場合などがあります。

また、故人様の有価証券をあらかじめ相続人の一人が保持しており、そのまま換金をしてしまう場合があります。これらはほんの一例ですが、話し合いでは決着をつくことはほぼありません。場合によっては長期化に繋がります。

このようなことを防ぐために、遺産相続人同士で普段から故人様の財産に関してコミュニケーションをとることが一つの手段となります。お金の話は、通常はしにくいところですが、軽い日常会話レベルでも良いでしょう。そして、故人様は生前遺言書を書くなどして、前もって葬儀後にトラブルにならないよう手を打っておくことをおすすめします。

それでも対応が困難な場合には、専門家への相談となるでしょう。市区町村の窓口を訪ねるのも一つの手ですが、相続税に関することは税理士が対応してくれます。相続が長期化の様相になった場合には、弁護士に依頼しても良いでしょう。ただし、金額は相応にかかります。不動産や農地の名義変更に関することは、司法書士に依頼するのが適切です。そして、有価証券を所持している場合は証券会社に相談することが相応しくなります。

市区町村だけでなく、それぞれに相続に関しての専門分野を持っています。故人様の生前において、財産管理やその後の生活について、場合によっては専門家たちとも話し合うことがおすすめです。