葬儀後の遺産相続においての相続人の順序

葬儀を終えてから遺産相続を始めるにあたっての確認事項の一つとして、故人様が亡くなった際に、その遺産を家族が相続する権利があり、この権利を享受できる人達を法定相続人といいます。被相続人の配偶者はもちろん、お子様・両親にあたる方などが含まれていますが、その相続の流れについていくつか説明をします。

相続の順序ですが、まず配偶者が第一位です。その次が子どもにあたる方、その次が故人様の直系尊属にあたる父母、その次が被相続人の兄弟姉妹となります。葬儀後に書類整理をする際には、自筆遺言証書・公正証書遺言・秘密証書遺言の3つが見つかる場合があります。特に、故人様にゆかりがある方、生前サポートをしていただいた方がいて、故人様に資産がある場合には、それらに記載されている場合があります。その場合、法定相続よりも遺言書の内容を優先した上で、相続が行われます。

しかし、その遺言書の内容が不公平で明らかに格差が大きい場合も想定されます。その場合には、配偶者・お子様・直系尊属の父母にあたる方は、遺留分が認められます。最低限度の財産は保証されます。もちろん、不安な場合には家庭裁判所や弁護士などの専門家に相談しても良いでしょう。適切な財産分与のお手伝いをしてもらえます。

遺産相続をするにあたり、葬儀後に遺言書が見つかることが想定されますが、あまりに親族に対しての割が少ない場合は取り戻すことができます。相続の順位を守った上で、適切に相続手続きを行うことで、トラブルを防ぐことに繋がります。