葬儀後の遺産相続の割合について

葬儀後に遺産相続をするにあたっての、割合・配分についての確認をしましょう。相続割合は民法887条・889・890条にも定められていますが、あらかじめ財産放棄をしている親族、また、内縁関係にある方は相続人には含まれていません。この2パターンを除いた親族に相続権があります。まず、親族が配偶者一人だけという場合、遺産は全額配偶者が相続することとなります。配偶者と子どもが1人の場合では、双方に2分の1ずつ分けます。配偶者一人と子どもが2人の場合は、配偶者は2分の1、子ども2人で4分の1ずつに配当となります。以降、子どもが3人以上の場合は2分の1の金額を子どもの人数分で等分することになります。

配偶者がいて子どもがおらず、直系尊属の父母のみの場合では、配偶者が3分の2、親は3分の1ずつを人数分で分けることになります。なお、両親のいずれかが介護が必要な状況などでは、この限りではありません。配偶者と故人の兄妹姉妹のみの場合では、配偶者が4分の3、兄弟姉妹の人数分で4分の1を分けるようになります。

相続には遺留分という、本来相続の権利がある一定の相続人に関し、最低限保証される遺産というものが存在します。相続開始とともに相続財産の一定割合を取得する権利があり、これは民法1028条において定められています。ただし、兄弟姉妹や遺産相続を放棄している親族などは該当せず、より近しい親族が相続できるようになっています。遺留分が配属者のみの場合は2分の1が相続権として与えられます。配偶者と子ども1人という場合、配偶者も子どもも4分の1となります。以降子どもの人数が増えた場合、4分の1を人数分で分割します。配偶者と父母のみの場合は、配偶者が3分の1、両親が6分の1を人数分分けます。

これらが、葬儀後の遺産相続をする際の計算方法の一例ですので、参考にしてください。